Gallery 2016

Gallery 2016 を更新しました。

初めて出展した御苗場、お世話になったポートレート専科のファイナルイベントに出展した作品がご覧いただけます。
作品作りを始めた頃と作りたい作品の色が変わってきたこと、その中でも自分が撮りたいものは自分の心にひっかかる、儚げで美しいものであること、そんなことがGalleryを見ると分かるなと、自分では思っています。

今後も自分の色をもった作品を作っていきたいと思います!

広告

Portrait Senka Final

御苗場の感想も書けていませんが、お知らせです。明日から開催されるポートレート専科ファイナルに出展します!

ポートレート専科ファイナル
Date: 2016/3/22~2016/3/27
Time: 11:00~22:00
Place: ギャラリールデコ 3F (私の作品は柱の裏にあります)

今回は、1フロアのみの展示で、展示の仕方もハレパネだけとシンプルですが、ポートレート専科OBの作品が一同に会した見応えのある展示になっていると思います。

わたしは2014年の一度だけの参加でしたが、滅多に出会うことができない沢山の写真家や、来場者の皆さんと出会うことができ、とても貴重な経験を得ることができました。ポートレート専科があったから今の写真に対する取り組みがあるのだと、とても感謝をしています。今回でポートレート専科の開催が最後となりとても残念ですが、最後のポートレート専科に少しでも華を添えたいと思い作品をつくりました。
今回は参加人数が多いため、常に在廊する事ができません。もし作品についてご感想等があればブログのコメントかhiro.cordialphotoアットマークgmail.comまでご連絡ください。

ポートレート専科ファイナル、是非お越しください!

ルデコ

Maddie & Me

わたしには好きな写真集がいくつかあって、その中のひとつに『Maddie on Things』という本があります。
Maddie_on_Things

Maddieはある写真家の飼い犬です。友人が空き缶の上にMaddieを乗せて写真を撮ってみようと提案したことがきっかけで、その後、Maddieはあらゆるものの上に乗り、写真を撮ってもらうことになります。Maddieの写真やエピソードは、こちらこちらをご覧ください。絶妙なバランスでどんな所にでも乗るMaddieはとても可愛らしく、ユーモラスです。

そんな写真の数々は、わたしの撮影スタイルにも通じるものがあります。

わたしのポートレート作品には、女性の横顔を撮影したものが多いです。横顔は、目元や輪郭など、女性らしさをとてもよく表現できる角度だと考えています。彼女の目線の先には何が見えているのか、そのように、画として想像がふくらむという面白さもあると思っています。

そして今年のポートレート専科オーディションも、昨年同様、横顔を中心とした作品で挑戦しました。しかし、今回は残念ながら、ポートレート専科2015に参加するための切符を得ることはできませんでした。

ポートレート専科のオーディションは、作品の善し悪しよりも、自分がなにを撮りたいのか、という熱意を伝える場所であると公式HPに記載されています。ですので、今回の結果は自分の想いが十分に伝えられなかったことにあるのでは、と考えています。と同時に、昨年と同じスタイルでの挑戦は、進歩がないと受け止められてしまったのかもしれない、とも考えています。

ですが、わたしは横顔の作品を今後とも撮り続けていこうと考えています。

以前から参考にさせていただいている安達ロベルトさんのblogで、日本では同じスタイルで撮影を続ける写真家は少ないのだという記事を拝見しました。だからこそ、このスタイルを続けることには価値があると思いますし、何よりも自分が撮りたいものは、これなのです。

色々な場所で、様々なモノの上に乗り続けるMaddie。
Maddieがモノの上に乗り続けるように、わたしも横顔を撮り続けていこうという想いを新たにさせてくれたオーディションでした。
20150520

ポートレートを撮る写真家にとって夏の一大イベントであるポートレート専科。参加者のみなさんの力作が観られることを、今から楽しみにしています!

Audition 04.23

昨年、初挑戦で参加することができたポートレート専科。それから一年、本日2015年度ポートレート専科のOBオーディションに挑戦してきました。

前回はポートレートと風景写真を組み写真とする展示方法でしたが、今年はポートレートのみで勝負したいと思い、自分なりのポートレートに対する思いをオーディションでアピールしてきました。

結果はどうなるか分かりませんが、吉と出ても凶と出ても、自分が撮り続けたいポートレートのスタイルは今のところ一つだけなので、今後とも納得のできる作品作りに向けて精進していくのみだなと考えています。

参加が決定しましたらこちらのブログでお知らせします。

今回は桜の中でのポートレートと、初夏のような陽気の中で撮影した写真です。

20150423-720150423-220150423-620150423-1

 

Respect

所用のため、代官山へ行ってまいりました。

代官山へ行くと決まって訪れるのが大人蔦屋さんです。他の本屋では見られないような写真集が数多く置いてあり、素敵な写真集に出会うととても刺激になります。

その帰り道、ライトアップされた看板をよく見ると、今城純さんの写真展が開催されているのを発見しました!

Blog2014.10.19-1

今城さんはわたしが憧れる写真家の一人です。色々な写真展の情報は常に調べているつもりなのですが、そんな方の写真展を見逃すところでした。偶然ですが気が付くことができてよかったです。

今回の写真展はオランダの秋をテーマされているそうです。どの写真も柔らかい光を感じる、今城さんのテイストが散りばめられた作品となっていました。その中でも特に素敵だと感じたのは、今回の写真展で一番大きな作品である、池の脇にある小道を散歩する人がいる写真と、青空を数羽で飛ぶカモメが写された写真でした。わたしもこんな風に表現出来るようになりたいです。

<今城さんの写真展詳細はこちら>

Blog2014.10.19-2Blog2014.10.19-3

USAGI

先日、本屋へ立ち寄った際、小説コーナーにうさぎの絵が描かれた本がありました。その本の周りには、いわゆる「小説の表紙」といった、風景であったり抽象的な感じの写真やイラストで飾られた本が多く並んでいたので、うさぎのイラストは一際目につきました。また、わたし自身うさぎという動物が好きなので、どんな内容の本なのだろうかと興味を惹かれ、手に取り読んでみました。

緑色のうさぎの話

本は、小説というより「絵本」でした。緑色のうさぎが主人公です。周囲のうさぎはみな色が白いのに、自分だけ緑色。ひとりぼっちのうさぎでした。その緑色のうさぎと、白いうさぎたちとの関係性の変化、その変化を経た後の、「孤独」という意味の変化。「絵本」とは言ったものの、その内容は深く、また、心にズシリと突き刺さる内容でした。文字と一緒に飾られているイラストが、さらにその文章を引き立てており、緑色のうさぎの気持ちを考えずにはいられませんでした。

うさぎ好きな方以外にもおすすめしたい一冊です。

緑色のうさぎの話

ブログ投稿用_20140916-1
ブログ投稿用_20140916-2
ブログ投稿用_20140916-4
ブログ投稿用_20140916-3
撮影: Canon 7D

Sony α7 GALLERY

◆◇お知らせ◇◆

本日9/5より、Sonyさんのホームページで、わたくしHiroの作品がα7の作例として掲載されます!!今回はPhotography by 中尾 裕 (Nakao Hiroshi) の名義となっております。

ポートレート専科をきっかけにSonyさんから今回のお話をいただき、誠に感激しております。自分の作品をこのような形でたくさんの方に見ていただけるなんて夢のようです。Hiroの作品をみて、α7の素晴らしさが一人でも多くの方に伝わればと尽力いたしましたので、皆さまにも是非ご覧いただければと思います。

GALLERY___α7___ソニー

掲載ページ:

SonyホームページTop >商品情報 >デジタル一眼カメラα >ボディ >α7 FULL SIZE WORLD Renovation – new作品ギャラリー – >α7作品ギャラリーへ >『彼女と僕のWeekend

『彼女と僕のWeekend』は、Hiroのスタイルであるポートレートと風景の組み写真で構成されております。

わたくしの作品以外にも、α7作品ギャラリーには様々な写真家の皆さまの作例が掲載されております。a7シリーズの魅力が分かる作品ばかりある中に、自分の作例を掲載いただき恐縮です。

今回のために撮り下ろした、その他の作品はこちらです!浴衣のポートレートは鎌倉にて撮影しました。過ぎゆく夏の香りを納めた一枚となりました。もうすぐ秋ですね。

ブログ投稿用_20140905-1
ブログ投稿用_20140905-2
ブログ投稿用_20140905-3
ブログ投稿用_20140905-4

What I want

いよいよ明日からポートレート専科がはじまります!

2014年7月29日(火)〜8月3日(日) 11:00-21:30 (8/3は17:00迄)

今週は先週よりも幾分か気温がさがるようです。(といっても最高気温は32℃まであがるようですが…)
多少は外を歩きやすくなると思いますので、ぜひ渋谷ルデコまでお越しいただき、ポートレート専科をお楽しみいただければと思います!(アクセス)

会期中は基本的にフルタイムで在廊を予定しております。ご来場の際はお声掛けください!(お昼休みはルデコを離れていることもありますのでご了承ください)

*****
さて、先週は銀座に立ち寄る機会があったので、ライカ銀座店のギャラリーやカメラをみてきました。わたしの周りでライカを使っている方はみな、ライカで撮った写真は違うというので前々から興味があったのです。

フィルムも使ってみたいのですが、もし購入するのだとしたら、ライカMシリーズを使ってみたいです。ですが、前回の撮影で使用したSony α7Rも軽い上に解像度が素晴らしくとても魅力的!ですし、現在使用しているのはCanonなので、Canonのフルサイズもいいなぁ…などと思いを巡らせております。Sony α7Rにライカのレンズをマウントする事もできるようなので、そんな風に使用するのもいいな!!
欲しいカメラに関しての思いは、考えてもかんがえても尽きないですね。。

人物-1風景-2-2風景-2-3風景-2
撮影: Sony α7R

 

Sony α7R

最近はポートレート専科の作品制作に追われております。今回Hiroが作成するものは下記のとおりです。

・展示用のパネル作品

・My Book作成

・Sony α7R 作例制作

わたしの作品が展示されるのはルデコさんの2Fです。どれを展示しようか悩んでいましたが、これでいこう!というものに絞れました。B2サイズのものは初のパネル作品です!出来上がったものは会場設営当日、直接会場に搬入してもらうので、どのような仕上がりになっているのか今から楽しみです。

続いてMyBookですが、これはポートレート専科オーディション合格の特典として作らせていただけるものです。(MyBookとは)こちらも、どの作品を載せようか、ページの構成は、表紙の色は、などなど悩んでおります。魅力的な一冊となるよう締め切りまで案を練ろうと思っております。

最後に、作例制作についてですが、こちらはSonyさんからα7Rという世界最小・最軽量のフルサイズ一眼をお借りして、作品の制作をおこなうものです。

こちらのカメラですが、本当に軽い!そして、その小型のボディからは想像もつかないような繊細な描写を実現してくれます!普段はCanon 7Dを使用していますが、荷物がかさばるとやはりちょっと重たいな…ということは多々あります。でもこのα7Rはそんな時でも重さが気にならないです。髪の毛やまつ毛の一本一本が本当に細かく描写できるので、カメラを返却するのが惜しいです。。欲しいなぁ〜!

実はこの作例制作のため、沖縄へ撮影に行く予定でした。そのフライトは7/8を予定しておりましたが、そうです。先日の大変に強力な台風で飛行機が欠航に!非常に残念でしたが、鎌倉にて満足できる作品が撮れたので良しとしています。台風の被害にあわれた地域は一日も早く元どおりになるといいですね。

ブログ用-1-2ブログ用-1ブログ用-1-4ブログ用-1-3

撮影: Sony α7R

Poster

先日、ポートレート専科の全体会議がありました。今回は展示に関するレクチャーや注意点の説明だったのですが、会の最後に自分にとって驚きの出来事がありました。

なんと、Hiroの作品が2014年ポートレート専科のDM・ポスターに採用されたのです…!
<公式ページ>

公式ページ

他の参加者のみなさんの写真はどれも素敵なものばかりですので、自分の作品がDMとして採用され、光栄な反面、恐縮な思いでした。ですが、本当に嬉しかったです…!!!

これから街中にこのポスターが貼られると思うと不思議な感じですが、普段写真に興味のない方の目にもとまり、足を運んでいただけるきっかけになってくれれば嬉しいなぁと思います。

2014 Poster