Maddie & Me

わたしには好きな写真集がいくつかあって、その中のひとつに『Maddie on Things』という本があります。
Maddie_on_Things

Maddieはある写真家の飼い犬です。友人が空き缶の上にMaddieを乗せて写真を撮ってみようと提案したことがきっかけで、その後、Maddieはあらゆるものの上に乗り、写真を撮ってもらうことになります。Maddieの写真やエピソードは、こちらこちらをご覧ください。絶妙なバランスでどんな所にでも乗るMaddieはとても可愛らしく、ユーモラスです。

そんな写真の数々は、わたしの撮影スタイルにも通じるものがあります。

わたしのポートレート作品には、女性の横顔を撮影したものが多いです。横顔は、目元や輪郭など、女性らしさをとてもよく表現できる角度だと考えています。彼女の目線の先には何が見えているのか、そのように、画として想像がふくらむという面白さもあると思っています。

そして今年のポートレート専科オーディションも、昨年同様、横顔を中心とした作品で挑戦しました。しかし、今回は残念ながら、ポートレート専科2015に参加するための切符を得ることはできませんでした。

ポートレート専科のオーディションは、作品の善し悪しよりも、自分がなにを撮りたいのか、という熱意を伝える場所であると公式HPに記載されています。ですので、今回の結果は自分の想いが十分に伝えられなかったことにあるのでは、と考えています。と同時に、昨年と同じスタイルでの挑戦は、進歩がないと受け止められてしまったのかもしれない、とも考えています。

ですが、わたしは横顔の作品を今後とも撮り続けていこうと考えています。

以前から参考にさせていただいている安達ロベルトさんのblogで、日本では同じスタイルで撮影を続ける写真家は少ないのだという記事を拝見しました。だからこそ、このスタイルを続けることには価値があると思いますし、何よりも自分が撮りたいものは、これなのです。

色々な場所で、様々なモノの上に乗り続けるMaddie。
Maddieがモノの上に乗り続けるように、わたしも横顔を撮り続けていこうという想いを新たにさせてくれたオーディションでした。
20150520

ポートレートを撮る写真家にとって夏の一大イベントであるポートレート専科。参加者のみなさんの力作が観られることを、今から楽しみにしています!

WAIKIKI

GWは暦どおりの休日でした。連日お天気にも恵まれ絶好の行楽日和でしたが、遠出はせず。旅行に行きたいと思いつつも、連休中はどこも混雑しているのが考えものです。今年はおとなしく、近場をあちこち巡ることにしました。

その中で訪れたのが、市橋織江さんの写真展、「WAIKIKI」です。広尾駅から徒歩5分もかからないくらいのエモン・フォトギャラリーで開催されていたのですが、少々道に迷い、遠回りをして到着しました。こちらのギャラリーは日・祝は休館ということで、GWといえど、訪れることができるタイミングは土曜日だけです。
20150511-1
展示してあった作品は、30数点でしょうか。市橋織江さんの作品はどれも空気感があり、構図や色味など学ぶことが多く、憧れです。今回の作品は、市橋さん自身が感覚的に撮影されたものということで、わたし自身、何かテーマをもって撮影することよりも、この瞬間が素敵だと感じたとき、感覚的に撮影を行うことが多いので、作品のテーマとしてとても親近感を覚えました。とはいっても、なかなか市橋さんの捉える空気感のようにはうまく表現できないのですが。

そして帰り道、周辺を散策していると眉毛のあるダンディーな犬に出会うことができました。
20150511-2

それから最近、スナップで白黒撮影を試しています。色があると、その色に目がいきがちですが、モノトーンになると純粋に構図を捉えるようになり、普段は撮影しないものまで撮ってみたくなるのはなんだか不思議です。
20150511-3

こちらは国営昭和記念公園のポピーです。GW中はまだツボミの苗もあったので、今週末くらいがちょうど満開となるのかも。一面に赤いポピーが咲いていて、とてもキレイでした。たまには公園でのんびり過ごすのもいいなと思ったので、また機会をみて訪れたいと思いました。
20150511-4

最後に、PhatPhoto写真教室の卒業クラス展ですが、ギャラリーが決まり、個人の展示場所も決まりました。詳細はもう少し先のお知らせとなりますので、お見逃しなく!

Audition 04.23

昨年、初挑戦で参加することができたポートレート専科。それから一年、本日2015年度ポートレート専科のOBオーディションに挑戦してきました。

前回はポートレートと風景写真を組み写真とする展示方法でしたが、今年はポートレートのみで勝負したいと思い、自分なりのポートレートに対する思いをオーディションでアピールしてきました。

結果はどうなるか分かりませんが、吉と出ても凶と出ても、自分が撮り続けたいポートレートのスタイルは今のところ一つだけなので、今後とも納得のできる作品作りに向けて精進していくのみだなと考えています。

参加が決定しましたらこちらのブログでお知らせします。

今回は桜の中でのポートレートと、初夏のような陽気の中で撮影した写真です。

20150423-720150423-220150423-620150423-1

 

Coming of spring

春らしい陽気が続く今日この頃。

週末にかけての雨で満開だった東京の桜は散り始めてしまいました。早咲きの河津桜にはじまり、4月上旬に満開を迎えた様々な種類の桜を、機会がある度に見に行きました。それらが散ってしまうのは、寂しい心待ちがします。東北の桜はまだ咲きそろっていないようなので、追い掛ければまた満開の桜に会えるかなと思うと、旅行がてら北上するのもいいなと思ったりもしています。
sakura2015

さて、2015年7月に、去年まで所属していたPhatPhoto写真教室のクラス展を開催します!写真教室の卒業自体は作年末だったのですが、写真展は時期をずらそうという予定でしたので、約半年後の開催となりました。

今回はお題として一人一枚、あるテーマの写真を展示します。それ以外は各自が自由な形で作品を紹介するスタイルです。どのような作品で構成しようかまだ考え中ですが、多くのお客さまにご来場いただける企画展になればいいなと思っています。

日程や場所についての詳細はまた後日、こちらのブログの中でお知らせ致します!

shiba

New year -2015-

1月も半ばを過ぎましたが、遅かれながら新年のご挨拶を申し上げます。

新年らしいことといえば、初詣に行ったことくらいでしょうか。
今年は根津神社へ行ってきました。年始のピークを避けてお参りに行ったのですが、それでもたくさんの方が参拝に来られていました。あわせて、その近所のうどん屋さんでお昼をいただきました。写真を撮りに出かけるときは、その地域で人気のある食事処も調べるようにしています。とてもコシのあるうどんで、美味しくいただきました。

2015年も目標をたて、コツコツと達成に向けて努力していこうと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

20150119-1

釜竹 うどん

20150119-2
20150119-3
20150119-4
20150119-6
撮影: Sony α7 (レンズ: Sonnar T *FE 55mm F1.8 ZA)

Leica Workshop

11月三連休の中日にLeicaを実際に使用し、撮影を行う講習会に参加してきました。

Leica Workshop

講師は安達ロベルトさん。安達さんのブログには自分が納得できるような写真論が記載されていて、いつも参考にさせていただいていましたので、お会いすることが出来てよかったです!

わたしはLeica M(typ240)での撮影を試させてもらいました。Leicaを手に取るのは初めての経験です!マニュアルでのピント合わせは慣れるまで練習が必要そうですが、自分の手で機械を操っている感覚があり、とても楽しかったです。

こちらはLeica Mで撮影した写真です。肌の質感などの表現力はさすがでした。Leica_20141123-1Leica_20141123-2Leica_20141123-3

いつかLeicaを使ってみたいと思える体験でした!

Summer Holiday

少し前になりますが、9月のはじめに夏休み旅行へ行ってきました。
以前にも沖縄旅行を計画していたのですが、あいにくの台風直撃で飛行機が欠航。今回こそはと週間天気予報を確認してから手配を進めたため、旅行中は見事な晴天でした。沖縄は高校生のとき以来です。あれこれ考えて主にこのような場所へ行ってきました。

古宇利島
沖縄美ら海水族館
備瀬のフクギ並木
てんtoてん(沖縄そば屋)

【古宇利島】
車で行くことのできる沖縄北部の離島で、少し前にCMで話題となったハートロックという岩を見ることができるティーヌ浜もあります。ティーヌ浜の水質は驚くほど透き通っていてきれいでしたが、岩が多く、泳ぐには不向きだと現地の方に伺いました。噂のハートロックは、なるほどそのようにも見えました。島へは古宇利大橋という長い橋を車で渡るのですが、そこから見る海や空はとても素敵でした。空港から少し遠いですが、また行きたいと思えるロケーションに溢れた場所でした。
Okinawa20141026-18 Okinawa20141026-17   Okinawa20141026-5 Okinawa20141026-3 Okinawa20141026-1

【沖縄美ら海水族館】
水族館が好きで普段からよく行くのですが、個人的には湘南にある新江ノ島水族館の方が好みでした。しかし、美ら海水族館でしか見られないというジンベイザメのいる水槽はとても大きく圧巻です。よくよく観察していると、一匹のジンベイザメの尻尾をあるイルカが追い掛けており、なんと噛み付いているではありませんか。尻尾が少し欠けている事に彼は気付いているのかいないのか…。いくら噛み付かれても怒らないのですから、ジンベイザメは穏やかな生き物なのだなぁと思いました。

【備瀬のフクギ並木】
防風林としての機能を備えているため、並木道一体にはズラッとフクギの木が並んでいました。とても気温の高い日でしたが、並木道の木陰はその日差しを遮り、ゆったりとした時間の流れを感じることができました。その道に目を落とすと、木漏れ日が丸い!なんだか水玉模様のようで可愛らしかったです。
Okinawa20141026-7
Okinawa20141026-20
Okinawa20141026-23
Okinawa20141026-19

【てんtoてん】
せっかくだから人気の沖縄そば屋さんへ行きたいと思い、こちらのお店へ行ってきました。丁寧に作られたであろう旨味のある優しい味のスープとツルツルと腰のある麺で、お腹の中から沖縄を感じられてよかったです。
Okinawa20141026-21

【Sony α7】
今回もα7での撮影となったのですが、その機能の一つである、「PlayMemories Mobile」を初めて試してみました。これはスマートフォンでカメラのリモート(遠隔)操作が可能となる機能で、シャッターを切るだけに留まらず、スマホで撮影前のアングルチェックや設定の変更、撮影した写真のチェックまでできる優れもの。この機能があるとカメラマンが集合写真に写っていないという事態が防げ、かつ、カメラとの間を行ったり来たりせずに、こだわりのある撮影が可能となりますね。夜景の撮影時もカメラに触れなくてOKなので便利でした。
Okinawa20141026-10

やはり旅行はいいですね。これからは寒くなるので次に行くなら温泉でしょうか。長期休みが取れればヨーロッパもいいな。楽しい夏休みでした!
Okinawa20141026-22

Respect

所用のため、代官山へ行ってまいりました。

代官山へ行くと決まって訪れるのが大人蔦屋さんです。他の本屋では見られないような写真集が数多く置いてあり、素敵な写真集に出会うととても刺激になります。

その帰り道、ライトアップされた看板をよく見ると、今城純さんの写真展が開催されているのを発見しました!

Blog2014.10.19-1

今城さんはわたしが憧れる写真家の一人です。色々な写真展の情報は常に調べているつもりなのですが、そんな方の写真展を見逃すところでした。偶然ですが気が付くことができてよかったです。

今回の写真展はオランダの秋をテーマされているそうです。どの写真も柔らかい光を感じる、今城さんのテイストが散りばめられた作品となっていました。その中でも特に素敵だと感じたのは、今回の写真展で一番大きな作品である、池の脇にある小道を散歩する人がいる写真と、青空を数羽で飛ぶカモメが写された写真でした。わたしもこんな風に表現出来るようになりたいです。

<今城さんの写真展詳細はこちら>

Blog2014.10.19-2Blog2014.10.19-3

USAGI

先日、本屋へ立ち寄った際、小説コーナーにうさぎの絵が描かれた本がありました。その本の周りには、いわゆる「小説の表紙」といった、風景であったり抽象的な感じの写真やイラストで飾られた本が多く並んでいたので、うさぎのイラストは一際目につきました。また、わたし自身うさぎという動物が好きなので、どんな内容の本なのだろうかと興味を惹かれ、手に取り読んでみました。

緑色のうさぎの話

本は、小説というより「絵本」でした。緑色のうさぎが主人公です。周囲のうさぎはみな色が白いのに、自分だけ緑色。ひとりぼっちのうさぎでした。その緑色のうさぎと、白いうさぎたちとの関係性の変化、その変化を経た後の、「孤独」という意味の変化。「絵本」とは言ったものの、その内容は深く、また、心にズシリと突き刺さる内容でした。文字と一緒に飾られているイラストが、さらにその文章を引き立てており、緑色のうさぎの気持ちを考えずにはいられませんでした。

うさぎ好きな方以外にもおすすめしたい一冊です。

緑色のうさぎの話

ブログ投稿用_20140916-1
ブログ投稿用_20140916-2
ブログ投稿用_20140916-4
ブログ投稿用_20140916-3
撮影: Canon 7D

Sony α7 GALLERY

◆◇お知らせ◇◆

本日9/5より、Sonyさんのホームページで、わたくしHiroの作品がα7の作例として掲載されます!!今回はPhotography by 中尾 裕 (Nakao Hiroshi) の名義となっております。

ポートレート専科をきっかけにSonyさんから今回のお話をいただき、誠に感激しております。自分の作品をこのような形でたくさんの方に見ていただけるなんて夢のようです。Hiroの作品をみて、α7の素晴らしさが一人でも多くの方に伝わればと尽力いたしましたので、皆さまにも是非ご覧いただければと思います。

GALLERY___α7___ソニー

掲載ページ:

SonyホームページTop >商品情報 >デジタル一眼カメラα >ボディ >α7 FULL SIZE WORLD Renovation – new作品ギャラリー – >α7作品ギャラリーへ >『彼女と僕のWeekend

『彼女と僕のWeekend』は、Hiroのスタイルであるポートレートと風景の組み写真で構成されております。

わたくしの作品以外にも、α7作品ギャラリーには様々な写真家の皆さまの作例が掲載されております。a7シリーズの魅力が分かる作品ばかりある中に、自分の作例を掲載いただき恐縮です。

今回のために撮り下ろした、その他の作品はこちらです!浴衣のポートレートは鎌倉にて撮影しました。過ぎゆく夏の香りを納めた一枚となりました。もうすぐ秋ですね。

ブログ投稿用_20140905-1
ブログ投稿用_20140905-2
ブログ投稿用_20140905-3
ブログ投稿用_20140905-4